当社対応アプリケーション
Macintosh
メーカー 対応
アプリケーション
対応バージョン
(いずれも日本語版)
対応OS 対応形式
(拡張子)
Adobe Illustrator 5.x / 7.x / 8.x / 9.x
/ 10.x /CS
〜 Mac OSX
(Intel Mac)
eps / ai
/ pdf
※ データを保存いただく際には、必ず制作アプリケーションのバージョンのまま保存くださいませ。(下位バージョンで保存を行った場合、予期せぬトラブルの原因となります。)
※ 各アプリケーションを正しく動作させるために必要なシステム構成につきましては、各メーカー様の推奨環境をご確認くださいませ。
Windows
メーカー 対応
アプリケーション
対応バージョン
(いずれも日本語版)
対応OS 対応形式
(拡張子)
Adobe Illustrator 5.x / 7.x / 8.x / 9.x / 10.x
/ CS / CS2 / CS3/CS4
98〜Vista eps / ai
/ pdf
※ データを保存いただく際には、必ず制作アプリケーションのバージョンのまま保存くださいませ。(下位バージョンで保存を行った場合、予期せぬトラブルの原因となります。)
※ 各アプリケーションを正しく動作させるために必要なシステム構成につきましては、各メーカー様の推奨環境をご確認くださいませ。
データ作成手順
データ作成・保存形式
・当サービスは、MacOS・WindowsOSが動作するマシンにて作成された、Illusutratorによる完全データ入稿が基本となります。


※必ずファイル名に拡張子をつけてください。
※裏と表のデータは別々に作成する
※カラーモードはCMYKにて作成してください。スウォッチカラーや特色などをお使いの際は、必ずCMYKに変換してください。
※RGBでも印刷可能ですが、RIPによる自動色変換が行われるため、色味が変わる可能性がございます。
※スウォッチカラーは色が置き換わるなどのトラブル事例がございます。
文字・色について
・文字は必ずアウトライン化してください。
・0.2pt/0.1mm以下の罫線は使用されるとかすれる場合がございます。あらかじめご了承ください。
・CMYK各色合計300%を超えないよう配色してください。
画像について
・使用画像はすべて「埋め込み」を行ってください。
・埋め込みのための画像ファイルは、原寸で350dpiを推奨いたします。
・カラーモードはCMYKを推奨いたします。※RGBでも印刷可能ですが、RIPによる自動色変換が行われるため、色味が変わる可能性がございます。
・Illlustratorのバージョン7・8をご使用の場合、埋め込み画像の保存形式は【EPS】・エンコーディングは【バイナリ】を推奨いたします。
レイアウトについて
・断裁の際に、±1mm程度のずれが生じる場合がございます。
※切れることを想定していない文字や線画などは、仕上がり線より2mm以上内側に配置してください。これより外側に文字や線画を配置されますと、断裁の際に切れてしまう可能性がございます。
※断ち落としのデザインの場合は、仕上がり線より3mm外側に出るよう伸ばしてください。こちらも仕上がり線までですと、断裁の際に狂いが生じます。
折り目線・ミシン目線・スジ入れの設定方法
印刷物に折り目・ミシン目・スジ入れなどの加工をされる場合、加工位置については下記の方法にてお客様よりご指示いただきますようお願いいたします。
仕上げ内に存在する線・オブジェクトはとらずに残したままの状態となりますのでご注意くださいませ。
会社概要 個人情報の取り扱い 特定商取引法にもとづく表記
Copyright(C)printvalue All Rights Reserved.